HOME > アイリーフストーリー

PHOTO

アイリーフを紡ぐお話 ilief story

「母を想う気持ちが『アイリーフ』の始まりでした。」

現在、施設の運営を担当する田口は、営業職として大手メーカーに長年勤め、全国を飛び回っていました。しかし、高齢の実母のことを考え、岡山への移住を決意。母親を見てもらえる施設を探そうとしましたが、理想とするところがなかなか見つかりません。従来の介護制度や施設の状況にも、疑問を感じることが多くありました。そんな悩みを井上(代表取締役)をはじめとする知人たちに相談するうち、「理想の施設がなければ、つくればいい。」と決意しました。目指すは、「自分の親をみてもらいたい」「自分が入りたい」と思えるような施設です。そうして誕生したのが『アイリーフ』でした。

PHOTO

母の誕生日を祝う田口

「心を通わす“心身介護”が、アイリーフの柱です。」

「心」と「からだ」は両方の健康があってこそ、末永くいきいきとした暮らしを送ることができます。みなさまの意志を尊重し、したいことができるよう、心のケアに重きを置いた介護を心がけています。また、健やかな心身を保ちながら、明るく楽しい毎日を過ごしていただきたいという思いから、多くの施設で太陽光を採り入れた明るいスペースを確保。四季折々の自然に触れ、心にゆとりを持てる生活環境にも配慮しています。

スタッフとともにおでかけ

「ご家族の方に、伝えていく責任があります。」

皆さまのご家族の方々は、健康面などについてご本人以上に心配されていることでしょう。『アイリーフ』では、ご本人さまの日々の体調や生活の変化はもちろん、イベントで楽しそうにされている様子を手紙にしたため、ご家族の方へ届けています。定期的に発行する社内外の通信も好評です。これからも、家族のように身近に感じていただけるような取り組みを続けてまいります。

スタッフの声

PHOTO

イベントの様子を定期的に伝えます

「本当に良い介護はスタッフの教育から生まれます。」

『アイリーフ』では年間40〜50のスタッフ研修を実施しています。より質の高いサービスをご提供するために、全施設の社員が話し合う機会を設け、成果が上がった取り組みを共有し、より良い介護の提供に努めています。
また、ご本人やご家族の方への満足度アンケートを定期的お願いし、ご意見を伺っています。いただいたご意見は、ご本人さま、ご家族の皆さまの安心につなげられるよう日々の介護へ随時反映しています。

PHOTO

研修風景

「楽しいアイデアがいっぱいのイベント。」

アイリーフには、楽しいアイデアがいっぱいに詰まったイベントが盛りだくさん。そのイベントの多くは、入居者様と一緒につくっていきます。どんな場所で、どんなことをしてみたいかをお聞きしながらスタッフが形にしたり、ご利用者様に楽しんでいただけるイベントをこっそり企画したりします。施設によっては地域の方々との交流も頻繁に行っており、ご利用者様も、地域の方も、もちろんスタッフも、全員がいきいきしています。

PHOTO

春のお花見

昭和の日本を逞しく生きてこられたご利用者様たちの「食」とはどのようなものだったのかと考え、日本の食文化のひとつ「お弁当」をつくりました。昔ながらのお弁当箱に、昔ながらのお料理をつめてお出ししたところ、みなさま昔のお話をされながら「うまいのぉ〜」と言って積極的に召し上がられていました。また普段はゆっくりと食事をしてリタイアされる方もペースが驚くほど速く完食されていました。普段は食べやすさに配慮していましたが、いつもとは違った雰囲気で、食べること自体を楽しんでいただけました。

PHOTO

昔なつかしいお弁当

入居者の方々とスタッフが一緒になって楽しめる記念のイベントを企画。普段はなかなかできないイベントを、ということで、回転寿司の道具と板前さんに出張してもらい、施設の中で回転寿司を堪能することになりました。イベント当日は皆さん大張り切りで、介護度の高い方もたくさん召し上がっていました。「板前さんの前で食べたい」という方がいたり、楽しくおしゃべりにも花が咲いて、心もお腹も満たされた一日になりました。

PHOTO

出張回転寿司

アイリーフ当新田には、とてもおいしいお好み焼き屋さんがあります。行列ができていつも完売してしまう大人気のお好み焼きは、年に2回、子供祭りで食べることができます。このお好み焼きは、アイリーフのあるスタッフが利用者のみなさまに食べていただきたいという想いから始まりました。スタッフ自ら県内のお好み焼きを食べ歩き、試行錯誤を重ねて味を工夫した結果、「おいしい!」と絶賛のお好み焼きが生まれたのです。「もっとたくさんの人に食べてもらいたい」という想いで、お祭りにて地域の方々にふるまったところ、たちまち大人気に。皆で地域の方とおしゃべりしながら、おいしいお好み焼きを食べることが今では恒例です。

PHOTO

名物お好み焼き

「いざという時でも、自分たちで食をまかなえます。」

アイリーフは岡山県の北部に、『アイファーム』という農場を持っています。夏にはホタルが舞うほど水がきれいなところで、米や野菜を育てています。収穫物は、各施設で日々の食事として召し上がっていただきます。また、災害などの有事の際に、食料の供給が止まっても自分たちで食料を確保できるよう備えていきます。

入居者様の声

PHOTO

アイファームにて野菜の苗植え

「充実した時間を、最後の瞬間まで。」

誰にでも平等に最期が訪れます。人生最後の瞬間まで、充実した悔いのないものにしていただきたい。穏やかな気持ちで安心してその時を迎えていただけるように、ご家族の方々と共に寄り添い、サポートいたします。ご本人さまの尊厳に十分配慮しながら、心を込めて介護をさせていただきます。

PHOTO

お返事をいただいたお手紙の数々

資料請求・お問い合わせはこちらから

pagetop